コンサル転職体験記 ビジネス

【コンサル未経験からの転職活動体験記】サイモン・クチャーアンドパートナーズ

この記事を書いた人

Doktor NakanoDoktor Nakano

成蹊大学から東京大学大学院農学生命科学研究科へ進学。

同研究科博士後期まで進学し博士号取得(農学博士)。

ポスドクとして海外留学後、日本に帰国しバイオベンチャーにて再生医薬品開発に従事中。

▼私の詳しいプロフィールはこちら▼

Doktor Nakanoのプロフィール

ご質問がある方は、ツイッター@DoktorNakanoまたはこちらよりお問い合わせください。

注意

本記事は、私Doktror Nakanoの経験と独自に調べた内容となっておりますことご了承ください。誤情報がないように注意は払っておりますが、万が一記載内容から皆様が不利益を被られましも一切の責任は負えませんこと重ねてご了承ください。

読者の皆様の全てのケースに当てはまる内容ではないため、各位の状況に応じまして情報を調べて頂けますと幸いです。

こんな方におすすめ

  • コンサルティングファームに転職を考えている方
  • コンサルティングファーム未経験の方
  • サイモン・クチャーアンドパートナーズを希望している方
実際にサイモン・クチャーアンドパートナーズの面接を体験したDoktor Nakanoの体験談をご紹介します。
Doktor Nakano

コンサルに転職したいと思った理由(コンサル志望理由)

まず、「そもそもどうしてコンサルに転職したかったのか?」そこからご紹介していきたいと思います。

面接に必ず聞かれる質問です。この記事を読んでいる方はコンサル転職を考えているまたは現在転職活動中という方もいらっしゃるかと思います。

参考までに面接時に用意していた私のコンサルの志望理由をご紹介します。

コンサル志望理由

様々な企業が持っている素晴らしい製品やサービスを経営判断のミスで結果として世の中の出ない、役にたたない物になってしまうことを避けるために、コンサルタントとして冷静に、正確に、企業の経営されている方々に提言して行きたいと考えたたため。また、コンサルタントの仕事を通して、日本の社会(教育、社会保障、ワークライフバランスなど)を抜本的に変革したいと感じたため。

この志望理由は、今働いしてる会社で感じたことをもとに考えた理由になります。

その他直感的にコンサルになってみたいなと思った理由も列記しますと。

コンサル志望理由

  • 英語を活かしたい。
  • 海外で働けるチャンスがある。
  • 優秀な人が集まる。
  • コンサルを経験することでキャリアで泊がつくと思ったから。
  • 単純にビッグファームなら格好いいから。
  • ドラマのように洗練されたオフィスで働いてみたい。

となります。

一部、面接では話せない正直で恥ずかしい理由もあります。

キッカケとしては、博士研究員としてスウェーデンでの海外留学を経験して、日本に一度帰って来たときに、英語を活かせてまた海外にいける仕事ができないかと考えたときにコンサルという仕事を知りました。

そのときにたまたまマッキンゼー・アンド・カンパニーの博士卒見込みや博士卒の人限定の説明会があることを知り参加しました。

六本木の東京オフィスに行ってその時の説明会に出られていたパートナーの方の話し方、立ち振舞、来ているスーツ全てに印象を受け、今振り返ると、単純に「格好いいな」というのが直感的にコンサルになってみたいなと思った根本の理由かもしれません。

その方は偶然にも、私と同じ東大大学院博士課程卒、同じスウェーデンに留学後、コンサル転職という共通点もあり、非常に共感を得たのもあります。

このような志望理由をキッカケに、いわゆる総合系、戦略系など様々なコンサルティングファームに転職したいと思いました。

 

サイモン・クチャーアンドパートナーズとは?

出典:SIIMON・KUCHER & PARTNERS Japan HP

サイモン・クチャーアンドパートナーズはいわゆる専門コンサルティングファームで、戦略、マーケティング、プライシング(価格戦略、価格設定)およびセールスに特化しており、私が調べた限りでは特にプライシングに強みを持つコンサルティングファームになります。

世界的に有名なコンサルティングファームがアメリカに本社が多くあるのに対し、ドイツに本社を持つコンサルティングファームで、比較的小さく、世界で25カ国、39のオフィスで従業員も1400人となっています(ちなみにマッキンゼー・アンド・カンパニーでは従業員1万7000人、デロイトでは30万人を超えています。)。

 

利用したエージェント

私が利用した転職エージェントは、ムービン・ストラテジック・キャリア(Movin' Strategic Career)です。

参照:ムービン

【コンサル転職 エージェント】などとGoogle検索していくと、コンサル転職経験談の多くでオススメされている転職エージェントです。

コンサルティングファームに特化したエージェントであり、ムービンの代表がBCG(ボストン・コンサルティング・グループ)出身ということもあり、コンサルの中でも戦略系エージェントへの転職支援を強みとしています。

もちろん、総合系コンサルティングファーム出身のコンサルタントもいるので、総合系も含めてコンサルティングファームへの転職全般に非常に強みがあります。

その他スタートアップやベンチャー企業のハイクラス案件も扱っています。

具体的なサポートは以下のようなものでした。

  • 担当コンサルタントの人と面談・ケース面接対策
  • 過去の各コンサルティングファームでのケース面接問題内容閲覧
  • 過去の転職活動した人の転職活動記録閲覧

などとなっており、コンサルティングファーム転職の第一人者だけあり、面接の内容など情報が非常に多くあります。

転職エージェントはだいたい無料ですが、ムービンもすべて無料で転職支援・コンサルティングを行ってくれます。

その他、コンサルティングファームへの転職の際に登録をおすすめする転職エージェントです。

オススメの転職エージェント

  • AXISコンサルティング:アクセンチュアやBIG4希望者は要登録
  • JACリクルートメント:外資系転職に強いエージェント。コンサル専門部署がある。
  • リクルートエージェント:転職最大手エージェント。コンサル専門部署がある。
  • コンコード:元ムービンコンサルタントが創業。戦略系コンサルティングファームに強み。

私は、ムービンのみしか利用しなかったのですが、コンサルティングファームの種類によってエージェントの強みが変わって来たり、ケース面接対策などのサポートや情報量も違いますので、転職の際には登録を行ってエージェントと話だけでもしていくのはオススメだと思います。

もちろん登録や相談は無料です。

 

選考の流れ

今回のサイモン・クチャーの選考の流れは以下のようになっていました。

サイモン・クチャーの選考

  • 書類選考
  • 英語力チェック面接(5分)
  • ケース&ビヘイビア面接(1時間)

 

書類選考

エージェントにレビューしていただきながら、作成した履歴書と職務経歴書をエージェントを介して提出しました。

そのお陰もあり、書類選考は無事通過しました。

記事の冒頭では自己紹介はしておりますが、私の学歴や経歴を詳しく知りたい方は自己紹介ページをご覧ください。

ちなみに、応募時の私の年齢は34歳でした。

参考Doktor Nakanoのプロフィール

初めまして。 Doktor Nakano(@DoktorNakano)と申します。 ここでは、わたしDoktor Nakanoのプロフィールをご紹介していきたいと思います。 記事に関するご質問・インタ ...

続きを見る

その他、ベイン、BCG、アーサー・D・リトル、A.T.カーニー、PwC、KPMGなどのコンサルで、書類選考は通過できていますので、私の履歴書や職務経歴書をご覧になりたい方はツイッター@DoktorNakanoまたはこちらからご連絡いただければ共有可能です。

 

また、サイモン・クチャーではSPAやCAG、玉手箱などの筆記試験はありませんでした。

 

面接(ケース&ビヘイビア面接)

最終までいったかわからないのですが、私の場合は面接は2回経験しました。

私が関西圏にいたこともあり、1回目の英語能力を測る面接は電話で、2回目のケース面接はZoomでのウェブ面接でした(お互い顔が見える状態)。

 

一次面接(英語力チェック面接)

一次面接は英語力チェックのための電話でのスモールトーク面接でした。

 

所要時間:5分

担当面接官は、ドイツオフィスで、おそらくドイツ人の女性の方でした。

時間になって事前に伝えていた個人の携帯番号に海外の電話番号から電話がかかってきました。

 

面接で質問された内容と逆にこちらから質問した内容になります。

面接官からの質問内容

  • いつ英語の勉強をしたか?
  • コンサルタントして何をしたいか?

こちらからの逆質問

  • 海外オフィスへの異動のチャンスはあるか?
  • 評価制度(頻度)はどのようになっているか?
  • 入社後のコンサルタントとしてのトレーニングはあるか?

ケース問題もなく淡々と英語での質疑応答を繰り返していただけで、手応えもなかったのですが、1次面接は通過して2次面接に進みました。

おそらく面接官の英語でのQに対して的確に英語で答えられていれば問題ないと思われます。

ちなみに、このときの私の英語力はTOEIC850点、海外生活合計約4年の英語力になります。

 

面接官の方は非常にフレンドリーでこちらからの質問も真摯に答えてくださいました。

 

二次面接(ケース+ビヘイビア面接)

所要時間:約1時間(夜20時から)

面接担当官:日本オフィス在籍の外国人の女性の方(1次面接とは違う方)面接官も在宅から参加。

言語:始めから最後まですべて英語。*日本語は一切なし。

  • お互いの自己紹介
  • Goodコンサルタントに必要なことは?
  • なぜコンサルタントを希望しているのか?
  • ケース面接
    • 【課題】グローバル企業であるクライアントが日本支社から混合診療という言葉を聞いたが意味が分からない。混合診療という意味を分かりやすく英語で説明せよ。
    • (Googleリサーチなどを用いてよい。厚生労働省のHPを添付されました。https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/heiyou.html
    • 要点:保険適用治療と保険不適用治療を併用した場合、保険適用治療も保険適用されなくなってしまう点を述べる必要がある。
    • *クライアントの背景などイメージもすること。
  • 逆質問(1次面接と同じ内容+普段のライフワークバランス)

典型的なケース面接ではありませんでしたが、課題は面接官の方にヒントを貰いながらクリアはできたと思いました。

終始英語の面接でしたが、面接官の方が非常にフランクな方で面接自体は非常に温和な感じで終了しました。

面接官の方が非常に美人な方でこちらとしても正直楽しく面接を行えました。

 

選考結果

結果は2次面接で「不採用」でした。

約2週間後ににエージェントを介して連絡がきました。

サイモン・クチャーからは、2次面接のフィードバックと不採用の理由も伝えられました。

「お人柄は大変好印象でありましたが、コンサルタントとして必要な基本的スキル・英語力の天で不安が残る」

とのことで、そもそもコンサルタントとしての素質を否定された感じでした。。

2次面接もそこそこ手応があったので通過できたかなと思ったのですが、なかなか厳しいですね。。

担当のエージェントの方からは、サイモン・クチャーはそもそも日本オフィスでは授業員が10数名と少なく採用は厳しいので参考程度で気にされる必要はありませんとのアドバイスを頂きましたが、コンサル転職活動を後から振り返るとサイモン・クチャーのフィードバックは適切で、サイモン・クチャー後に改善できてなかったのかなと感じています。

まとめ

サイモン・クチャーアンドパートナーズのコンサル選考の体験談をご紹介してきました。

私のコンサル転職は、結局どこからも採用されないまま終了という形となっています。

ただ、私の体験を通じて、コンサル転職を考えている方や現在転職活動されている方々の参考やお役にたてば幸いです。

 

他のコンサルティングファームの体験記も公開していますので、一緒にご参考ください。

2022/5/4

【コンサル未経験からの転職活動体験】オススメ参考書

この記事を書いた人 Doktor Nakano 成蹊大学から東京大学大学院農学生命科学研究科へ進学。 同研究科博士後期まで進学し博士号取得(農学博士)。 ポスドクとして海外留学後、日本に帰国しバイオベンチャーにて再生医薬品開発に従事中。 ▼私の詳しいプロフィールはこちら▼ Doktor Nakanoのプロフィール ご質問がある方は、ツイッター@DoktorNakanoまたはこちらよりお問い合わせください。 注意 本記事は、私Doktror Nakanoの経験と独自に調べた内容となっておりますことご了承くだ ...

ReadMore

2021/4/30

【コンサル未経験からの転職活動体験】KPMGコンサルティング

この記事を書いた人 Doktor Nakano 成蹊大学から東京大学大学院農学生命科学研究科へ進学。 同研究科博士後期まで進学し博士号取得(農学博士)。 ポスドクとして海外留学後、日本に帰国しバイオベンチャーにて再生医薬品開発に従事中。 ▼私の詳しいプロフィールはこちら▼ Doktor Nakanoのプロフィール ご質問がある方は、ツイッター@DoktorNakanoまたはこちらよりお問い合わせください。 注意 本記事は、私Doktror Nakanoの経験と独自に調べた内容となっておりますことご了承くだ ...

ReadMore

2021/5/1

【コンサル未経験からの転職活動体験】A.T.カーニー

この記事を書いた人 Doktor Nakano 成蹊大学から東京大学大学院農学生命科学研究科へ進学。 同研究科博士後期まで進学し博士号取得(農学博士)。 ポスドクとして海外留学後、日本に帰国しバイオベンチャーにて再生医薬品開発に従事中。 ▼私の詳しいプロフィールはこちら▼ Doktor Nakanoのプロフィール ご質問がある方は、ツイッター@DoktorNakanoまたはこちらよりお問い合わせください。 注意 本記事は、私Doktror Nakanoの経験と独自に調べた内容となっておりますことご了承くだ ...

ReadMore

2021/1/16

【コンサル未経験からの転職活動体験記】サイモン・クチャーアンドパートナーズ

この記事を書いた人 Doktor Nakano 成蹊大学から東京大学大学院農学生命科学研究科へ進学。 同研究科博士後期まで進学し博士号取得(農学博士)。 ポスドクとして海外留学後、日本に帰国しバイオベンチャーにて再生医薬品開発に従事中。 ▼私の詳しいプロフィールはこちら▼ Doktor Nakanoのプロフィール ご質問がある方は、ツイッター@DoktorNakanoまたはこちらよりお問い合わせください。 注意 本記事は、私Doktror Nakanoの経験と独自に調べた内容となっておりますことご了承くだ ...

ReadMore

2021/1/16

【コンサル未経験からの転職活動体験記】IQVIAソリューションズジャパン

この記事を書いた人 Doktor Nakano 成蹊大学から東京大学大学院農学生命科学研究科へ進学。 同研究科博士後期まで進学し博士号取得(農学博士)。 ポスドクとして海外留学後、日本に帰国しバイオベンチャーにて再生医薬品開発に従事中。 ▼私の詳しいプロフィールはこちら▼ Doktor Nakanoのプロフィール ご質問がある方は、ツイッター@DoktorNakanoまたはこちらよりお問い合わせください。 注意 本記事は、私Doktror Nakanoの経験と独自に調べた内容となっておりますことご了承くだ ...

ReadMore

 

コンサル転職についてご質問がある方は、ツイッター@DoktorNakanoまたはこちらよりお問い合わせください。

Doktor Nakano (@DoktorNakano)

 

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

Doktor Nakano

島根県産まれ。柏市・神戸市・所沢市育ち。 東大大学院で博士号を取得後、スウェーデン・アメリカへ研究留学。 アメリカから帰国後、日本のバイオベンチャーを経て大手製薬企業にて開発業務に従事。 東大大学院入学・ビジネス・本レビューや日々の関心ごとを中心に情報を発信しています。